スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペットボトルを使った即席サブフィルター

以前作ったものですが、外部フィルターのパワー不足で水質がすぐ悪くなってしまったため
急きょペットボトルとエーハイムのプラパイプを使ってサブフィルターを作りました。

こんなの。

pet.jpg

内側から圧力がかかっても大丈夫なように使うペットボトルは炭酸飲料のものを使いました。
プラパイプは内径9mmのホースが使えるものです。
ペットボトルにドリルで穴をあけ、リーマーでちょうど良い穴の大きさにして
カットしたプラパイプを差し込みます。
画像ではUV硬化樹脂を使っていますがその後補強のためプラ用パテとシリコンで防水処理をしました。
ペットボトルの注ぎ口からリング濾材を詰めて完成です。


にほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

水循環モーター付きCO2拡散筒を作ってみました

皆さんこんにちは、鮎川凪です。
暑くなったり寒くなったりで体調崩しがちな季節が続きますがいかがお過ごしでしょうか?
今回は水循環モーター付きCO2拡散筒を作ってみましたのでご紹介します。
専用のCO2用品や、外部フィルターなどがない環境で使えるような仕様になっています。

水槽のふたを作った時に余ったアクリル板と、使っていない外掛け式フィルター「テトラAT-20」をメイン素材として作りました。


全体の様子です。
左側がモーター、右側が拡散筒本体です。


拡散筒の様子。
アクリル板(厚さ2mm)をガスコンロで加熱して曲げ、もう1枚の側面板に接着しかまぼこ型の本体を作ります。
アクリルを曲げる専用のヒーターも売っているのですが、ヒーターだけで7000円以上するのでガスコンロで頑張りました。
【注意】ガスコンロでの成形をする場合は火の取り扱いに十分ご注意し、ご自身の責任で行って下さい。
本体に水作ピタッとチューブのプラパイプを3か所通し、1本は下の方まで伸ばしエアストーンを接続しました。



接続部のアップ。
ジョイント用のプラパイプに1cmほど(送水モーターからつながるパイプはL字ジョイントを取り付けるため2cmくらい)に切ったエアチューブを通しておきます。
上面のアクリル板に3か所ドリルで穴を開け、リーマーでジョイント用プラパイプがきつめに入る穴を開けます。
ジョイントを通したら接着剤で固めます。
黒いチューブは空気抜き用のバルブにつながっています。
L字ジョイントがつながっているパイプはエアチューブでモーターへつながっています。
モーターから水を拡散筒内に送り、複雑な水流を起こすことでより効率良くCO2を水に溶け込ませることが出来ます。


水槽内設置用のキスゴムも忘れずに。
拡散筒の平面の部分にアクリルで小さな橋の様な感じで接続部を作り結束バンドでキスゴムを固定しました。


モーター部分です。
テトラAT-20のモーターを取り外し取水口に直接メッシュパイプを差し込みます。


送水チューブとのジョイント部。
小さく切ったアクリル板をガスコンロで加熱して丸めます。
サイズが合うアクリルパイプがあればそれを使った方が良いです。
つなぎ目の部分はアクリルが溶けかかるまで加熱してくっつけるようにします。
筒が出来たら筒の片方をよく加熱し潰します。
水漏れがないか確認したら、ドリルで穴を開けプラチューブを通しパテで固めます。
この送水チューブのジョイントの作成が一番の難関です。


途中に調節バルブを付けたエアチューブで先ほどの拡散筒につなげば完成です。


ちょっと分かりにくいですが設置した様子。
モーターから来た水がL字ジョイントから出ているのが見えます。
ちなみにCO2発生器は先述の発酵式につないでいます。

使用材料
アクリル板(厚さ2mm)×適宜
テトラAT-20のモーターとメッシュパイプ×1
エアチューブ×適宜
エアストーン×1
水作ピタッとチューブのパイプ×1本くらい
L字ジョイント×1
エア調節バルブ×1
空気抜きバルブ×1(上記のエア調節バルブで代用可)
キスゴム×2
結束バンド×2
接着剤×適宜
プラ用パテ×適宜
自作魂×無限大(笑)

以上です!
それでは皆さん素敵な水草ライフを~(・∀・)ノシ

流出防止槽付き発酵式CO2発生器を作ってみよう

皆様こんにちは。今回は流出防止槽付き発酵式CO2発生器を作たいと思います。
通常の発酵式はイースト菌と砂糖ゼリーを発酵させるボトルから直接水槽へCO2を送っていますが
ツイッターでお世話になっている方から「発酵式にトライしてみたいけど流出が怖い」というお話を聞いて対策を考えてみました。

それでは作り方のご紹介です。

まず材料。


炭酸飲料のペットボトル1500mlを2本、ペットボトルの蓋2個、エアチューブのジョイント3個、エアチューブ適宜、接着剤(プラスチックが接着できて、充てん接着の出来る物がよいです)

使用道具。

左からハンドドリル(ピンバイスでもOK)、ドリル刃(直径3mm、2mm)、リーマー、カッターナイフ


ペットボトルの蓋にしるしを付け、2mmのドリル刃で下穴を開けます。(一つは穴1個、もう一つは穴2個開けます)
いきなり太いドリル刃で穴を開けようとするとドリル刃が引っかかって大変なので、面倒でも下穴を開けましょう。


3mmのドリル刃に付け替え、穴を大きくします。


リーマーでエアジョイントがぴったりはまるように穴を調節します。
(撮影:スペシャルサンクス!My母)


リーマーで削ったバリをカッターナイフで取り除いておきましょう。



エアチューブのジョイントを入れてみました。


空気漏れが起きないよう接着剤で目張りします。
接着剤が乾いたら本体は完成です。


発酵用の砂糖ゼリーを作りましょう。

材料


ゼラチン10g、砂糖250g、水300ml、ドライイースト4g


鍋に水200mlと砂糖を入れ加熱しながら溶かします。


並行して小さな鍋またはボウルにゼラチン10gと水100mlを入れゼラチンをふやかしておきましょう。
粉ゼラチンをそのまま砂糖溶液に投入しても良いのですが、ダマになりやすいのでふやかした方が良いです。


砂糖が溶けたらふやかしたゼラチンを投入します。
ゼラチンが溶けたら火を止めます。


用意したペットボトルに入れます。


水につけて粗熱を取ります。冷めたら冷蔵庫で冷やし固めます。


エアチューブのつなぎ方です。
発酵ボトルと水槽との間に流出防止ボトルを挟むことにより、
万が一流出しても発酵液が流出防止ボトルにたまり、水槽への流れ込みを防止します。

ゼリーが固まったらドライイースト4g(小さじ1杯弱です)を入れ、水をペットボトルの7分目くらいまで入れます。
先ほど作ったジョイント付き蓋をし、エアチューブをつなぎます。


完成した稼働中の様子。

写真の発酵式は2011/4/19に稼働を始めてちょうど1週間です。
ゼリーは2cmほど消費しています。このペースだと3週間~4週間は持ちそうです。
中のアルコール度数が高くなるとCO2の発生量が減ります。
その時は発酵液を半分ほど捨て、新しく水とドライイーストを足すと復活します。


費用
エアチューブジョイント5個入り 98円
ゼラチン60g入り 300円
砂糖1kg入り 180円
ドライイースト60g入り 300円
以上!

それでは皆様良い水草ライフを~。。。。(((o・ω・)モキュ♪

CO2バブルカウンターを作ってみよう

すっかりほったらかしてしまっていました、皆様いかがお過ごしでしょうか、鮎川凪です。
さて、ホームセンターの熱帯魚コーナーで水草を衝動買いしてしまってから
水草の面白さにすっかりはまってしまいました(笑)

底砂をソイルにして照明を明るくしたまでは良かったのですが、
CO2用品を探してネットの海を漂流…しかし本格的なセットは高い……。
水作やテトラの簡易CO2セットにしようかと思ったのですが
口コミを見たらランニングコストが結構かかることが判明。

o(-_-;*) ウゥム…どうしたものか。

そこで辿り着いたのが発酵式と化学反応式のCO2発生器でした。
発酵式はペットボトルに砂糖ゼリーを作りイースト菌を入れるというもの。
化学反応式は同じくペットボトルに重曹とクエン酸を入れてCO2を発生させます。
これらは材料費も安く小型の水槽ならこれで十分です。

発酵式と化学反応式のCO2発生器の作り方はまた後で別記事で書きますが
CO2を発生させるまではできた。でもどのくらい発生しているかわからない。さてどうしよう。
そこでまたネットを漂流してバブルカウンターというものがあるのを知りました。

よし、作ってみよう♪
というわけで(前置きが長い)自作のバブルカウンターの作り方をご紹介します。

まず材料

左から、旅行用の化粧水ビン、エアチューブジョイント2個、水作スリムチューブ、接着剤
(接着剤は本体のボトルがくっつけられて、充てん接着が出来るものが良いです)


エアチューブのジョイントはメーカーによって形に違いがあります。
後程形の違いに対応した作成方法を載せます。

使用道具

左から、リーマー、ハンドドリル(ピンバイスでもOK)、ドリル刃(直径3mm、2mm)、カッターナイフ

それでは製作にかかります。


ボトルの蓋に穴を開けるための印を付け、2mmのドリルで下穴を開けます。
注)いきなり太いドリルで穴を開けようとするとドリル刃が引っかかって大変なので
面倒でも下穴を開けましょう。)


下穴が開いたら3mmのドリル刃に付け替えて穴を大きくします。


リーマーでジョイントが入るように穴の大きさを調整します。
(左手でカメラを持って撮影したので、本来は左手で蓋を押さえて作業します)


ジョイントを入れる穴が開きました。
リーマーで削ったバリをカッターナイフで取り除いておきましょう。


エアチューブのジョイントにスリムチューブを差し込み適当な長さに切ります。
この時ジョイントの形状によりスリムチューブが入らない場合があります。
その場合はスリムチューブに付属のアダプターを使いジョイントに接続します。

こんな感じ。



蓋に接続してみます。いい感じです。


空気漏れが起きないよう裏側を接着剤で目張りします。


完成~ヾ(*´∀`*)ノ


費用
エアーチューブのジョイントなど自宅にあったものをかなり使ったので実際にかかったのは
スリムチューブ 150円
ボトル 100円
自作魂 Priceless(笑)

以上です♪

分かりづらい所やご質問などございましたら、左のお問い合わせフォームよりご連絡下さい。
プロフィール

鮎川 凪

Author:鮎川 凪
(あゆかわ なぎ)神奈川県在住、1978年9月25日生まれ。血液型O型。
トキワ松学園横浜美術短期大学(現:横浜美術短期大学)専攻科工芸クラス卒、専攻は金属加工。
趣味で熱帯魚を飼育し、特にベタが好きです。
また、湘南の江の島や江ノ電をこよなく愛してます。

資格
カラーコーディネーター2級
CAD利用技術者2級

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
お問い合わせ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
あしあと
本館
Brilliant Garden本館です。 熱帯魚のオリジナルシルバーアクセなどあります。 よかったらこちらも見て下さいましm(_)m
凪ちょむのツイッター
作品掲載中


トップバッターで熱帯魚ジュエリー作品が6点掲載されました。ハンドメイド、シルバーなどご興味のある方も是非ご覧頂けたら嬉しいです。
リンク
PICK UP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。